doctor

生活改善で健康的な暮らし

食生活と減塩の重要性

doctor

高血圧は、遺伝要因と環境要因に深く関わっています。毎日の生活で減塩につとめるなど、生活習慣を改善することで、軽症にすませることができます。普段から緊張、ストレス、イライラなどの血圧を上げる要因の改善に心がけることが大切です。内臓脂肪肥満型のある人は、高血圧になりやすく食事療法で減塩することが有効になります。男性は、40歳代から女性は、50歳代以降に高血圧の人が増加すると言われており、毎日、血圧を測定し正しい数値を把握しておくことが大切です。血圧を下げるには、食事療法による食塩の制限が重要です。正しい食事療法で血液をサラサラにし、血圧降下作用のある食品を積極的に摂取するように心がけましょう。高血圧を予防するには、適度な運動と食事療法による減塩が何より大切です。自己管理を徹底し健康的にすごしましょう。

青魚で血液サラサラ効果

脂肪酸は、高血圧を予防することで知られています。EPA、DHAは青魚に多く含まれ、動脈硬化を防ぎ血液をサラサラに保ってくれます。イワシに含まれるイワシペプチドは、降圧作用が期待され、つみれ汁に使用するとよいでしょう。また、イカやタコに含まれるタウリンは、交感神経の緊張を抑え、血圧の上昇を防いでくれます。動脈硬化を予防するためには、しなやかな血管を作ることが大切です。良質なたんぱく質を含む牛乳や乳製品を普段から積極的に取り入れましょう。たんぱく質やカルシウムが血圧の上昇を防いでくれます。乳製品の苦手な人は、シチューやポタージュに使用したりして上手に摂取しましょう。高血圧を放置しておくことは、動脈硬化を進行させ、さまざまな合併症を招く要因となります。

血圧が気になる方の食

老人

肥満由来の高血圧は、生活習慣病のリスクを高めます。予防のために、適度な食事療法をはじめましょう。高塩分の加工食品を避ける、アルコールを控える、醤油やソースなどの調味料を減らすなどを意識して、塩分控えめな食事を意識しましょう。

Read more...

腎臓機能低下を緩やかに

老人

腎臓病とは、腎臓の機能が落ちてしまう病気です。しかし食事療法を試す事によって、病気の進行を抑えたり、緩やかにしたりする事が期待出来ます。基本となる食事療法のポイントはありますが、病気の進行度合いや病気の種類によって内容は細かく変わってきます。

Read more...

腎臓病の方におすすめ

老人

腎臓病食には制限するものがとても多く、作る方にも負担が大きいものですが、宅配サービスを利用すれば、メニューや食事作りがぐっと楽になりますし、ボリュームたっぷりでバランスのよい食事を楽しむことができますよ。

Read more...